新築やリフォーム工事でもらえる次世代住宅エコポイントの使い道は?

おしゃれな室内

先延ばしになっていたリフォーム実施で次世代住宅エコポイント獲得

考える女性

家の中で不便に感じている所があるなら、リフォーム工事で状況を改善しましょう。面倒で先送りにしてきたものや、費用が気になってそのままにしてきたところは、今リフォームすると、次世代住宅エコポイントを発行してもらえる可能性があります。次世代住宅エコポイント発行対象に該当するリフォーム工事の内容は決まっているため、工事の依頼前にその点をチェックしておく必要があるでしょう。
例えば、内窓がなくて冬場、暖房効率が悪くて困っているなら、内窓を設置したり、窓そのもの、あるいはドアも一緒に断熱仕様のものに交換する方法があります。このような対処をすることで、家が暖かく快適になり、暖房コストも削減できます。そして、各自が自宅についてこのような小さな工夫をすることで、世界全体のエネルギー消費量を減らすことができます。つまり、次世代の課題に個人レベルで貢献することができるのです。次世代住宅エコポイントは、その努力を評価して与えられる特典と言っていいでしょう。
次世代住宅エコポイントは、ポイントのまま保持するのではなく、次世代住宅エコポイント交換サイトを利用して商品と交換するのに使います。家電製品、インテリア用品、キッズ用品に防災グッズなど、実用的で便利なものが沢山あるので、チェックしてみましょう。

次世代の課題解決になるリフォームで次世代住宅エコポイント入手

ある種のリフォーム工事を実施することで、今なら次世代住宅エコポイントがもらえます。大切なのは、どんなリフォームを行ってもポイントが発行されるわけではなく、次世代住宅エコポイント発行対象のリフォーム工事種類が決まっていることです。例えば、ビルトインタイプの食器洗機設置や掃除が楽なトイレへの交換は、家事負担を軽減することで、共働き世帯での子育てや介護をよりやりやすくしてくれます。これは、少子高齢化という次世代の課題解決に直結する住宅改善と言えるでしょう。また、高齢化に関して言えば、高齢の方が自宅でケガをしないように手すりを設置する、段差を解消するといったバリアフリー改修も、次世代の課題解決に貢献できるリフォームのため、次世代住宅エコポイントをもらうことができます。
加えて、エネルギー源の枯渇は世界的な課題で、個人の住宅で実現できる課題解決策として暖房の節約があります。これも、窓やドアを交換して住まいの断熱性を改善することで対応可能です。
このようなリフォーム実施で得られた次世代住宅エコポイントは、インテリア用品、防災グッズといった品々と交換できます。そのためには、次世代住宅エコポイント交換サイトを利用しますので、どんなアイテムと交換できるかチェックしてみてはいかがでしょう。

暮らす人に優しい住宅改修で獲得できる次世代住宅エコポイント

ご高齢の方が同居する家は、若い人だけで生活する家とは違った様々な配慮が必要になります。これからマイホームを取得するなら、建売を購入するにせよ注文住宅で新たに建てるにせよ、バリアフリータイプの住宅にするのがおすすめです。あるいは、マイホームを既に取得済であるものの、高齢者向けの配慮がなされていない場合は、バリアフリー改修というものをリフォーム業者に頼んで実施することができます。具体的な内容としては、手すりを適度な場所に設置する、屋内の段差を解消して移動中につまづくリスクを減らすといったものです。このようなリフォーム工事を行うと、高齢の方にとって家がより安全になると同時に、次世代住宅エコポイントを発行してもらうことができます。次世代住宅エコポイントは、発行対象となるリフォーム工事の種類が決まっており、バリアフリー改修もその一つです。他には、家事負担を軽減するための製品の設置導入や、住居の省エネ性能を改善する目的のリフォームも含まれます。
次世代住宅エコポイント交換サイトを利用すれば、リフォーム実施で貯めたポイントを肉や魚、防災グッズなど、必要な商品と交換できます。この機会を活用して、是非、必要なリフォームを実施してはいかがでしょう。

必要なリフォームが終わった後で、次世代住宅エコポイントを使いたい時は【京王百貨店】が運営するポイントの交換サイトにアクセスしてみましょう。こちらのサイトには性能の良いロボット掃除機や炊飯器など、多種多様な商品が用意されていますので、きっと欲しいものが見つかるはずです。